ご参加くださった皆様、そして科学館の関係者、並びに科学館のボランティアの皆様と、デザインを通して意義のある時間を共有できましたことを、感謝いたします。